クリスマス ツリーの歴史

ランプや装飾のモミの木のクリスマス ツリー (クリスマス ツリー) を作ったまたはカラマツがクリスマスのお祝いの一環として常緑の木を装飾しました。現代のクリスマス ツリーは、ドイツが発祥地します。家の飾る (Eden のツリー)、モミの木クラッカー、それに掛かっている上のすなわち、アダムとイヴ、毎年 12 月 24 日にドイツ人は、神聖なの (キリスト教の罪) を象徴します。ろうそくと相まって多くの場合、神聖なパンではなくクッキーのすべての種類の現代使用では、キリストを象徴しています。また、インテリアはクリスマス タワーは木製の三角構造、キリストの小さな仏像が多い、塔は、常緑の枝と葉、ろうそくと星で飾られています。クリスマス ツリーに 16 世紀タワーおよび庭の Eden クリスマス ツリーが